「イベント」カテゴリーアーカイブ

[zoom29]安保法制違憲訴訟全国の状況

2021年8月29日に開催しました。今回は、地裁判決の出た、東京、釧路、山梨、宮崎の報告を行いました。

1.東京
原告 綱川鋼さん
「東京の裁判で見えてきた 国の姿勢・裁判官の姿勢」(PDF

2.釧路
弁護団 斉藤道俊 弁護士
「道東訴訟は札幌高裁で引き続き頑張ります-控訴審に向けての準備状況」(PDF

3.山梨
原告 金野奉晴さん
「憲法違反を問う姿勢を見せない裁判官とは何者か?」~東京高裁でリベンジ!

4.宮崎
弁護団 事務局長 松田幸子 弁護士
「宮崎地裁判決の問題点&控訴理由 〜 憲法訴訟における裁判所の責任を考える 〜 」(PDF

※安保法制の施行日3月29日を命日として、毎月、29日19:00からzoomイベントを開催しています。

主催 安保法制違憲訴訟全国原告連絡会

Share Button

【緊急】0121「私たちは戦争を許さない」市民集会はZOOM配信イベントに変更します

本年1月21日に日本教育会館一ツ橋ホールにて、開催を予定しておりました「私たちは戦争を許さない」市民集会は、コロナ禍による緊急事態宣言を受けて、オンラインの開催に切り替えさせていただくことになりました。
当初7月に予定していたものを10月に延期し、さらに再延期しておりましたので、さらなる延期ではなく、安保法制が違憲であるということを改めて確認し、これまでの訴訟の経過を広く市民のみなさんと共有したいと考えています。
Zoom配信のURLは下記の通りとなります。
尚、先着500名とさせていただきます。
———————————————–
「私たちは戦争を許さない」市民集会
2021年1月21日 18:30配信開始
下記のリンクをクリックしてウェビナーに参加してください。 ※先着500名
https://zoom.us/j/95074390490
*参加費無料 *予約不要
———————————————–

また、zoomでの受信が難しい方もいらっしゃいますので、集会の内容は小冊子にまとめてできるだけ早い時期に頒布を予定しております。詳細はニュース等で、別途ご案内申し上げます。

+++++++++++++++++++++++++++
「私たちは戦争を許さない」市民集会
+++++++++++++++++++++++++++
主催者挨拶 寺井 一弘(安保法制違憲訴訟全国ネットワーク代表)
基調講演 又坂 常人(信州大学名誉教授) 「安保法制違憲訴訟の歴史的意義」
特別報告 伊 藤 真(安保法制違憲訴訟の会・東京 共同代表) 「違憲訴訟の現状と課題」
リレートーク 宮﨑礼壹元内閣法制局長官、半田滋防衛ジャーナリスト、小西洋之参議院議員、全国弁護団からの報告(群馬、釧路、山口)
メッセージ 山田洋次映画監督、志田陽子教授,飯島滋明教授
主   催 安保法制違憲訴訟全国ネットワーク
協   賛 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

Share Button

[再延期] 7月9日→10月7日→2020年1月21日「私たちは戦争を許さない」

先にニュース(No.16)でお知らせしました下記の集会は再度延期になりました。

[再延期]
「私たちは戦争を許さない 市民大集会」(日本教育会館にて)
7月9日 18:30 → 10月7日 18:30 → 2021年1月21日 18:30

なお、チケットぴあでお買い求めいただいたチケットは、
2021年1月21日にそのままご使用いただけます。

Share Button

安保法制違憲差止訴訟 判決言い渡し

傍聴券交付情報詳細

裁判所名
東京地方裁判所  民事第2部
日時・場所
令和2年3月13日 午後1時40分 東京地方裁判所2番交付所
事件名
自衛隊出動差止め等 平成28年(行ウ)第169号
備考
<抽選>当日午後1時40分までに指定場所に来られた方を対象に抽選します。開廷時間は午後2時00分です。

安保法制違憲差止訴訟 判決言い渡し
第13回口頭弁論期日
———————————-
13:00 東京地裁前アピール 
13:30 傍聴券抽選に並ぶ  
14:00 判決言い渡し
———————————-
 
今般、コロナウィルスに関する非常時の措置として、一定期間のあらゆるイベントの自粛が叫ばれ、教育機関の休校やスポーツそしてコンサートなどが相次いで中止されていることに鑑みて、判決言い渡し(3月13日)後の議員会館での報告集会を強行することは不適切という判断に至り、残念ですが中止します。
もちろん、判決言い渡しそのものが延期になるわけではありません。
体調に問題のない方は各種情報をご勘案の上、判決言い渡しの法廷に、ご参加ください。
約4年続いた差し止め裁判の判断を、一緒に見届けましょう。
なお、弁護団では、判決に対する声明を用意し、記者会見で公表するとともに、ネットでも発信する予定でおります。
Share Button

東京地裁口頭弁論

【女の会 第10回期日】2019年10月18日(金)
https://www.facebook.com/events/510565926445753/

【差止・第12回期日・結審】2019年10月30日(水)
https://www.facebook.com/events/2443594442403699/

【国賠・第12回期日・判決言い渡し】2019年11月7日(木)
https://www.facebook.com/events/440223729931520/

Share Button

[女の会] 第8回口頭弁論(2019.6.14)報告集会&出版記念会

 

 

 

 

【報告集会プログラム】
1.第8回口頭弁論の報告 弁護団より
2.意見陳述した原告から 原告 屋嘉比ふみ子さん
3.全国の訴訟の取組:前橋地裁での証人尋問を中心に
安保法制違憲訴訟全国ネットワーク 代表 寺井一弘弁護士

【出版記念会プログラム】
*記念講演
「非暴力を掲げ続けて!ジェンダー視点から考える
武力紛争の影響」
室蘭工業大学大学院 准教授 清末愛砂さん
*リレートーク・出版によせて

Share Button

安保法制違憲訴訟 第10回 差止訴訟口頭弁論

安保法制違憲訴訟 第10回 差止訴訟口頭弁論
——————————————————–
2019年3月18日(月)
13:00東京地裁前集合 アピール行動開始!
13:20整列・入廷行進
13:25傍聴席の抽選に並ぶ
※抽選に漏れた場合は、下記議員会館会議室
14:00開廷103号法廷
16:00報告集会(参議院議員会館101会議室 )
17:45原告集会(第13回読書会 ※見学可)
——————————————————–
東京での国賠訴訟は忌避申立が決着し、いよいよ動き始めました。昨年7月20日にこの裁判官らは裁判に関わるべきでないと申し立てた忌避は、最高裁まで争いましたが、案の定、抗告棄却という結論になりました。1月31日に再開した裁判では、従前の裁判官らが裁判席に。裁判長の表情は心なしか穏やかに見えましたが、油断できる状況ではありません。終結までの裁判の日程が見えてきた今、全力で最後まで、この裁判の正当性と重要性を訴えていきましょう。差止裁判の次回期日は、証人が認められるか否かの緊迫した法廷です。一人でも多く傍聴に集まることが、原告側の力になります!東京地裁にお集まりください!

Share Button

第9回 安保法制違憲訴訟国賠口頭弁論期日

忌避申立で止まっていました国賠訴訟が動き出しました。

———————–
第9回 国賠訴訟口頭弁論
———————–
2019年1月31日(木)
12:30 東京地裁前集合 アピール行動開始!
12:45 整列・入廷行進
12:55 傍聴席の抽選に並ぶ
13:30 開廷 ※103号法廷
14:30 報告集会 参議院議員会館101会議室

裁判所名 東京地方裁判所  民事第1部
日時・場所 平成31年1月31日 午後1時0分 東京地方裁判所2番交付所
事件名 安保法制違憲・国家賠償 平成28年(ワ)第13525号等
備考 <抽選>当日午後1時00分までに指定場所に来られた方を対象に抽選します。開廷時間は午後1時30分です。

 

 

Share Button

東京地裁第9回差止口頭弁論

裁判所名 東京地方裁判所  民事第2部
日時・場所 平成30年12月14日 午後1時10分 東京地方裁判所2番交付所
事件名 自衛隊出動差止め等 平成28年(行ウ)第169号
備考 <抽選>当日午後1時10分までに指定場所に来られた方を対象に抽選します。開廷時間は午後1時30分です。

第9回差止訴訟期日
2018年12月14日(金)
12:30 東京地裁前集合 アピール行動開始!
12:45 整列・入廷行進
12:55 傍聴席の抽選に並ぶ
※今回、抽選に漏れた場合の待機場所ありませんが、ぜひ報告集会にご参加ください。
13:30 開廷(原告本人尋問)
18:00 報告集会(弁護士会館 クレオ A )
※いつもと場所が異なりますのでご注意ください。
※東京地裁裏、道路隔てて正面です。

 

Share Button

金平茂紀さん特別講演「日本の現状と未来」

特別講演
「日本の現状と未来」
~沖縄の知事選挙とアメリカ中間選挙の結果を受けて大きく変わる安倍政権の基盤

講 師 金平茂紀さん
ジャーナリスト・TBS「報道特集キャスター」
日 時 2018年11月20日(火)18時30分 開始
参加費 500円
場 所 文京シビックスカイホール
主 催 安保法制違憲訴訟の会

[講師プロフィール]1977年、TBS入社。報道局社会部記者として、警視庁記者クラブ、司法記者クラブ、文部省記者クラブを経て、1986年より報道番組のディレクター及びプロデューサーとなる。1991年から1994年までの間はJNNモスクワ支局長としてソ連の崩壊などを取材。1991年のクーデター事件後にミハイル・ゴルバチョフやボリス・エリツィンに対して、単独インタビューを海外メディアの中で初めて行った。帰国後の1994年に『筑紫哲也 NEWS23』の番組編集長(デスク)に就任し、在任中はビル・クリントンや朱鎔基とのタウンホール・ミーティング番組の放映や、TBSオウム事件、阪神・淡路大震災、アメリカ同時多発テロ事件などの報道を経験し、多くの関連番組や特集企画を担当。2002年よりJNNワシントン支局長、2005年よりTBS報道局長を歴任。2008年5月にはTBSアメリカ総局長兼TBSインターナショナル副社長としてニューヨークへ転出し、在任中はコロンビア大学東アジア研究所の客員研究員として2年間在籍し、2010年に帰国。現在、『報道特集』のメインキャスターを務めている。

※このイベントは当初の日程及び場所が変更されています。
チラシをお持ちの方は、再度日程をご確認の上、お間違えのないように、お願いします。

Share Button