読書会

東京地裁に提起しております安保法制違憲国賠訴訟の訴状及び準備書面を読む読書会を2018年1月から行っています。
原則として、安保法制違憲訴訟の原告及び支える会の会員のみなさんを対象とします。なお、東京地裁以外に提訴されている原告の方も、ご参加いただけます。ただし、テキストは東京地裁に提出した書面を用いています。
勉強が進んだ後、代理人弁護士からお話を伺う会を開催する予定です。
読書会用のメーリングリストを作成しています。テキストの配布もメーリングリスト上で行っております。紙の出力をご希望の方は、1回につき500円で承っております。参加申込み及びご不明の点は下記よりお問合せください。

【次回のお知らせ】

2018年3月13日(火)18:30 – 20:30
場所:東京ボランティア・市民活動センター (TVAC) B会議室
テキスト:
準備書面1(本件権利侵害の基本構造と答弁書の対応の誤り)
準備書面2(平和的生存権の権利性・被侵害利益性)
準備書面3(被害論その1)
準備書面13(違憲審査制と裁判所の役割)

【これまでの活動】

○第1回(2018年1月9日(火))
テキスト:訴状及び答弁書 当日資料(pdf
※パワーポイントを用いて、訴状と答弁書の対応関係を報告しました。

なお、読書会は原告の自主勉強として行っています。勉強の成果として公表されるpdf等は、弁護団によるものではありません。

Share