「ニュース」カテゴリーアーカイブ

読書会のサイトを更新しました

前回(第3回)のレジメのPDFを公開しました。
第4回以降のスケジュールを掲載しました。
第6回には、福田護弁護士(共同代表)の特別講義を予定しています。特別講義は、どなたでもご参加いただけます。

読書会

 

Share

ニュースNo.8

ニュースNo.8のPDFを公開しました。
原告及び支える会の会員で、ニュースが郵送されていない方は、下記をクリックして、頁下段のフォームからお知らせください。
ご住所の不備により、事務局に戻ってきてしまうものがかなりあります。
また、安保法制に反対する活動を行っている各地の市民団体にサンプルをお送りしています。下記をクリックしてご案内をご覧下さい。

違憲訴訟の会ニュース

Share

安保法制違憲訴訟を読む ページをつくりました

読書会のページを作成しました。
ご参加を希望される方は、こちらからお問合せください。

上部メニュー ― 原告団支援 ― 読書会 でアクセスできます。

読書会

 

Share

安保法制違憲訴訟差止 第6回期日 記者会見・報告集会

2018年2月5日、差止め訴訟第6回口頭弁論が開かれました。

 

Share

2018年1月26日 安保法制違憲訴訟(第6回口頭弁論・国賠請求)報告集会

Share

安保法制違憲訴訟女の会 第3回期日 記者会見・報告集会

2017年11月15日、安保法制違憲訴訟女の会の第3回口頭弁論が開催されました。

記者会見

報告集会

Share

安保法制違憲訴訟女の会 第3回期日

明日、11月15日 14:30より、安保法制違憲訴訟女の会、第3回口頭弁論が行われます。

当日スケジュール

13:30 地裁前アピール
14:10 傍聴券抽選
14:30 口頭弁論開廷
16:00 報告集会(参議院議員会館B105)

裁判所の傍聴券に関する情報は、下記の通りです。

http://www.courts.go.jp/app/botyokoufu_jp/list?id=15

裁判所名 東京地方裁判所  民事第10部
日時・場所 平成29年11月15日 午後2時10分 東京地方裁判所2番交付所
事件名 損害賠償 平成28年(ワ)第27258号等
備考 <抽選>当日午後2時10分までに指定場所に来られた方を対象に抽選します。開廷時間は午後2時30分です。

意見陳述は、柴山恵美子さん、福島みずほさんのお二人です。

また、裁判終了後、16:00から報告集会を開催します。

お時間のかる方は、ぜひ、お集まり下さい!

Share

違憲訴訟の会ニュース vol.6を発行しました

違憲訴訟の会ニュースvol.6を原告のみなさんと支える会の会員にみなさんにお送りしました。
すでにお手元に届いていると思いますが、もし、1週間以上待っても届かないようでしたら、ご住所がまちがって登録されている可能性があります。
ニュースのページの下の方に、連絡用のフォームを設定してありますので、事務局までお問い合わせください。

違憲訴訟の会ニュース

Share

鹿児島第1回口頭弁論

10月17日、鹿児島地裁で第1回口頭弁論が行われました。

NHK鹿児島:安保法違憲訴訟で第1回口頭弁論

KTS(鹿児島放送):新安保法制違憲を訴える国家賠償訴訟始まる

MBC(南日本放送):安保法「違憲性」問う裁判 鹿児島でも始まる

毎日新聞:国は棄却求める 地裁、第1回口頭弁論 /鹿児島

Share

平和憲法施行70周年記念アピール

9月28日に開催されました市民集会「私たちは戦争を許さない」において、平和憲法施行70周年アピールが提案され、集会参加者の拍手により採択されました。

 

「平和憲法施行70周年記念アピール」

本年はわが国が誇るべき平和憲法が施行されて70年目にあたります。

しかし、安倍政権は、2014年7月1日に集団的自衛権行使容認の閣議決定を行い、多くの国民・市民はもとより圧倒的多数の憲法学者、最高裁判所長官や内閣法制局長官の経験者等あらゆる分野の有識者の強い反対にかかわらず、2015年9月19日未明の強行採決によって、新安保法制を成立させる歴史的暴挙を犯しました。

戦争への道を切り拓く憲法9条違反の立法行為が、従来の政府解釈を無視した一内閣による「解釈改憲」という前例のない政治的手法によって実現されるに至ったのです。

このような安倍政権の憲法破壊の策動に対し、私たちは安保法制違憲訴訟を提起することを決断しました。この選択には「権力に追随する傾向の強い司法に期待してはならない」との意見も多く、その道のりも決して平坦ではありませんでしたが、本日現在、21の地方裁判所で24件の訴訟が提起されており、今後も全国各地での提訴が準備されています。

この違憲訴訟には、第1に、暗黒の戦争の時代を決して繰り返さず、わが国の立憲主義と民主主義を取り戻す松明としての意義、第2に、三権分立の一角を担い憲法保障の役割を担うべき司法にその本来の職責を自覚し果たさせる意義、第3に、国民・市民の力を結集する結節点としての意義があると確信しております。

今や世界はますます不透明で粗野かつ知性なき時代に突入しつつあり、わが国の政権は平和憲法を敵視し国民を無視して外国の戦争政策にひたすら追随する姿勢を強めています。

私たちはそれに些かも動ずることなく、戦後70年以上「一人も殺し、殺されなかった」という平和国家を担保してきた日本国憲法を一人一人の国民・市民のものとしてさらに血肉化していくことが必要です。今こそ、憲法9条の恒久平和主義の思想のもと、国内のみならず全世界に向けて「私たちは戦争を絶対に許さない」との声を強く発信しなければならないと思っております。

安倍首相は本日、「大義なき解散」を断行しましたが、私たちは「憲法改正」を公約に掲げる政権・政党を決して許してはならないと決意しています。

そして、市民一人一人は、三権の一翼を担う司法への強い期待を有しています。国民・市民からの信頼こそが司法の正統性の根拠であると考えております。司法は、国民・市民の厳粛な信託に真正面から向き合わなければならず、本訴訟において適切にその職責を果たさなければなりません。

そのために私たちは、歴史的責務として国民・市民の知性とあらゆる力を総結集して今回の安保法制違憲訴訟を闘い抜いて必ず勝利することを固く誓うものであります。

2017年9月28日

「私たちは戦争を許さない」市民大集会   参加者一同

Share